人材育成プログラム アトレウスの学校
またはいかにしてアトレウス家の隣で作品の構造設計を身につけるか、のゼミ(仮)

It contains its content.
いれものがなかみをつくる。

家に構造があるように、作品やイベントやプロジェクトにも構造があります。建物とはちがって、これらの構造はたいてい目に見えず、しかもやわらかかったり、時間とともに変化したりします。もちろんなかみ(コンテンツ)は大切ですが、それをいれるいれもの(コンテナ)、支える骨組み(フレーム、構造)がじつは重要です。いま、そんな構造を新しく考案し、デザインできる人材が必要です。
アトレウス家のスタッフ募集をかねて、構造を考えられる人材育成のゼミを開設します。

ゼミ生はさまざまな実例の構造を解析・テストしながら、実践的な知識とカンを身につけていきます。

たとえば、池袋駅の構造をルービックキューブと比べてみるとか。パフォーマーと観客の移動をバスの路線図/時刻表に落とし込んでみるとか。学生生活を横スクロールと落ち物パズルに喩えて考えてみるとか。

こういう構造の把握や発明が、新しい作品をつくる大切なヒントになります。

昨年度の「墨田区在住アトレウス家」や今年度の「豊島区在住アトレウス家」もその教材の一部となります(ドキュメントの製作も行います)。さらにやる気があれば、何か企画を立てられるかもしれません。

参加費は無料ですが、やる気のある人にかぎります。


Related Posts

『アトレウス家の建て方』まもなく完成

このプロジェクトのドキュメント本がまもなく完成します! – – – – –アトレウス家というのは、古代ギリシャの神話や演劇に登場する家族の名前です。二〇一〇年か […]



【お知らせ】構造茶話会―プロジェクト構造論

昨年度「豊島区在住アトレウス家」の内部で構造に関するゼミをやっていましたが、その発展形として、Tokyo Art Research Labでこんな講座が開設されることになりました。アトレウス家の長島と佐藤がコーディネータ […]



今年のアトレウス家について

昨年の墨田区から豊島区に移ってきて、ようやくいろいろ動き出しました。 ことしの「豊島区在住アトレウス家」は、3本立てです。   ・上演 豊島区在住アトレウス家 ・ラジオ AtreusTune ・ゼミ アトレウス […]



kouzou

「アトレウスの学校」ゼミ生募集、〆切ました。

想像以上の応募をいただきました。課題の中では浦島太郎が一番人気、さまざまなアプローチが見られました。応募された方には、個別にご連絡さしあげます。



「アトレウスの学校」ゼミ生募集

アトレウスの学校 概要 募集開始:2011年7月20日(水) 募集〆切:8月3日(水)(結果は個別にご連絡します) ゼミ開始:2011年8月中旬 ゼミ終了:2011年3月 *9月の「豊島区在住アトレウス家」上演までは見学 […]