NPO法人アートネットワーク・ジャパン×東京アートポイント計画 豊島区在住アトレウス家 The House of Atreus, Toshima-ku, Tokyo

昨年度、墨田区内に一軒の空き家を借り、通年のプロジェクトとして進められた「墨田区在住アトレウス家」(主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人向島学会)が、場所とかたちを変えて新しくスタート。現実のまちや建物と、ギリシャ悲劇に登場する家族の物語という、2つのレイヤーを重ね合わせることで、そのきしみから浮かび上がる生活や記憶の姿を見つめます。今年度は上演・ラジオ・ゼミの3本柱で展開。としまアートステーション構想と連携しながら実施します。

主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団) 特定非営利活動法人アートネットワーク・ジャパン

上演プログラム墨田区在住アトレウス家

住む家を失った家族が、一時的に暮らした建物とまち。

2011年9月13日(火)~9月18日(日)
千登世橋教育文化センター地下 としまアートステーション「Z」


メディアプログラム:移動型コミュニティーラジオAtreusTune

移動型コミュニティーラジオ!
2011年8月31日(水)17:00本格放送開始


人材育成プログラムアトレウスの学校またはいかにしてアトレウス家の隣で作品の構造設計を身につけるか、のゼミ(仮)

It contains its content.

いれものがなかみをつくる。
2011年8月3日 第1回募集締め切りました。



Related Posts

豊島区在住アトレウス家 初演パンフレットより

『豊島区在住アトレウス家』初演(2011年9月13日〜18日)の当日パンフレットに掲載した文章です。体験後に読んでもらえるよう、お帰りの際に配布しました。 (その後アトレウス家のコンセプトブックに再録) – […]



豊島区在住アトレウス家|上映会とトーク

2年前に上演した『豊島区在住アトレウス家』の記録映像を、上演時と同じ場所で見てみる企画です。第1部は上映会(途中で出入り自由)、第2部はこういう非劇場型の上演/プロジェクトの〈記録〉をめぐるトークです。  * Tokyo […]



『アトレウス家の建て方』配布場所

『アトレウス家の建て方』 このプロジェクトの3年間で「考えたこと」のドキュメントです。無料の配布物なので一般書店での取り扱いはありません。以下の場所に置かせてもらっています。(順次更新) 【東京都墨田区】紙工房 堂地堂h […]



『アトレウス家の建て方』誤植訂正

『アトレウス家の建て方』 誤植がありましたので訂正いたします。 47ページ誤 日比野さん正 昆野さん こすみ図書の昆野(こんの)さんには大変失礼いたしました。あらためてお詫びします。長島



『アトレウス家の建て方』まもなく完成

このプロジェクトのドキュメント本がまもなく完成します! – – – – –アトレウス家というのは、古代ギリシャの神話や演劇に登場する家族の名前です。二〇一〇年か […]



「墨田区/豊島区/三宅島在住アトレウス家」活動紹介プレゼンテーション

本日のTARLネットワーキング・ラボvol.5:三宅島在住アトレウス家×東京事典でのプレゼンテーション動画がアーカイブされています。約20分。 http://www.ustream.tv/recorded/2670267 […]



アトレウス家のプロジェクトはこんなことをしてきました

アトレウス家のプロジェクトは、こんなことをしてきました。紹介記事をちょっと紹介。   *プロジェクトの中核を担う日大佐藤慎也研のブログ shinya satoh studio | 墨田区/豊島区在住アトレウス家 […]



【お知らせ】構造茶話会―プロジェクト構造論

昨年度「豊島区在住アトレウス家」の内部で構造に関するゼミをやっていましたが、その発展形として、Tokyo Art Research Labでこんな講座が開設されることになりました。アトレウス家の長島と佐藤がコーディネータ […]



conceptbook1

コンセプトブック作りました

  「墨田区在住アトレウス家」と「豊島区在住アトレウス家」のコンセプトブックを作りました。   A5サイズ・モノクロの、写真中心の冊子です。墨田区版が32ページ、豊島区版が16ページ。   ご希望の方、お分けし […]



AtreusTune|第二期最終回3月27日(火)13:00~14:00 お便り募集中

第二期の最終回、公開収録です。最終回はアトレウス家のコンセプト・構成・演出の長島確を話し相手にお送りします! 3月27日(火) 13:00〜14:00 <こちらで聴けます>   もちろんお便りは最後まで募集して […]